「ゲートウェイ戦略」という生き残り作戦

ごきげんよう、かみのすけです。
先日会社で、とあるセミナーがありました。
この先50年、中小企業がITの荒波の中で生き残っていくためにはズバリ「ゲートウェイ戦略」が必要だと言うのです。
うーむ、いきなり難しいです。げーと?うぇい?戦略とは何か?・・・
その戦略は実に合理的で、成功が確約されているかのように感じました。

どうやらWeb業界によく用いられるマーケティング用語のようです。
インターネットのアルゴリズムを理解し、特定の検索キーワードでオーガニック上位を独占し、ニッチな層から確実に収益を巻き上げるという、体育会系のスゴ技!

広く浅く、より多くの人をターゲットにしたサイトは競合も多い。それに対してゲートウェイ戦略のサイトは、コアでマニアックな層だけにアプローチして、敵の少ないところで戦わずして一人勝ちする。
どちらが強いでしょうか?

どこを戦地に選ぶのか、その時点で勝敗は決まっていたのです。
問題は、気づくかどうか、発見するかどうか、ということです。

かみのすけも影響されやすいですので、
戦地をさがす旅に出ます。

したっけ
ごきげんよーう!

伝書屋と文通しませんか

デジタルからアナログへ! こんな時代だからこそ 手書きのやりとりしませんか。 ひとことメッセージを添えて、下記送信フォームより電子メールをください。 心を込めて返信いたします。 ただし、電子メールのやりとりはその1通で終わりです。 次の1通は手書きのお手紙を私宛に出してください。 (先の電子メールにて伝書屋の住所をお知らせいたします) お手紙のやりとりは無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です