鬼のパンツが虎柄な理由

 
 
こんばんは
 
 
かみのすけです
 
 
 
今日もゼミがありました
 
 
 
はじめに先生が
 
おっしゃいました
 
 
 
あなたが思うの絵を
 
ホワイトボードに
 
描いてください
 
 
 
 
 
 
 
おに。
 
 
 
 
またはじまった
 
今度は何を言い出すんだ
 
この先生
 
 
 
喉元を突いて出そうになるのを
 
誰もがグッとこらえ
 
 
それぞれ渾身の鬼を
 
披露したわけです
 
 
 
 
 
学生の鬼を添削する鬼教官
 
S尾T也先生
 
 
 
 
んで
 
 
S尾先生が何を
 
おっしゃりたかったのか
 
というと
 
 
 
 
 
 
 鬼のツノ。
 
 
 
これ 何かの動物の
 
ツノなんだそうで
 
 
 
何だと思います?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うし。
 
 
 
 
 
 
それともうひとつ
 
 
 
 
鬼のパンツ。
 
 
 
 
これも ある動物に
 
由来するものだそうで
 
 
 
 
 
 
 
とら。
 
 
 
 
 
なぜ
 
ウシとトラなのでしょう
 
 
かつての日本では
 
十二支を用いて
 
時刻や方位など
 
さまざまな事象を表す
 
しきたりがありました
 
 
 
 
 
 
怪談話などでよく言う
 
「草木も眠る丑三つ時」は
 
 
午前2時半ごろにあたります
 
 
 
 
方位で言うと北東
 
 
 
 
 
午前2時半の北東を
 
呪術的な陰陽五行説と
 
むすびつけまして
 
 
丑寅の方角を鬼門と定め
 
よくないことが起こるという
 
信仰が生まれたわけです
 
 
 
 
そういうわけで鬼は
 
 
  ツノ=ウシ

 
パンツ=トラ
 
 
なのだそうです
 
 
 
 
 
S尾先生の力説に
 
まったく興味を示さない
 
ゼミメンバー
 
 
 
本日も
 
楽しいゼミでございました
 
 
 
またあした
 
 
 

伝書屋と文通しませんか

デジタルからアナログへ! こんな時代だからこそ 手書きのやりとりしませんか。 ひとことメッセージを添えて、下記送信フォームより電子メールをください。 心を込めて返信いたします。 ただし、電子メールのやりとりはその1通で終わりです。 次の1通は手書きのお手紙を私宛に出してください。 (先の電子メールにて伝書屋の住所をお知らせいたします) お手紙のやりとりは無料です。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です