風呂フェッショナル温泉の流儀

 
日本の名湯を
 
市販の入浴剤を駆使し
制覇した男がいる
 
 
 
この日は
露天風呂付きの名湯
 
「梅の湯」に足を運んだ
 
 
 
(挿入歌)
 
 
 
本日のプロフェッショナル
 
 
かみのすけ(22)
 
KAMI NO SUKE
 
 
温泉一筋20年
 
湯の伝導師と呼ばれる男
 
 
 
 
常識を覆した
 
露天風呂での決断
 
 
 
困難の先にある
 
湯上がり牛乳
 
 
 
 
伝導師と呼ばれた男の
 
魂の入浴に
 
密着
 
 
 
 
2011年2月
 
かみのすけは洗い場で
ある問題を抱えていた
 
 
洗顔フォームを忘れたのだ
 
 
 
目の前に備え付けられたのは
 
シャンプー
 
リンス
 
ボディーソープ
 
 
 
顔は、頭の一部か
 
それとも体の一部か
 
 
 
このような時
 
かみのすけには
長年の経験から培った
 
ひとつの流儀がある
 
 
 
 
ボディーソープで洗った
 
 
 
かつて
 
伝導師はあらゆる逆境を
強いられてきた
 
 
その度に
 
 
どん底から
歯を食いしばり
走り抜けた日々が
 
 
かみのすけを
いま再び
 
露天風呂へ向かわせる
 
 
 
 
しかし
現実は非情である
 
かみのすけは
かつてない程の光景を
目の当たりにした
 
 
露天風呂を
地元のヤンキーが
占拠している
 
 
思いもよらぬ先客に
伝導師の目は泳いだ
 
 
日本列島は冬
 
 
湯に入らなければ
凍えてしまう
 
 
かみのすけを動かしたのは
 
他ではなく
 
伝導師を伝導たらしめる
プライドだった
 
 
 
 
かみのすけが下した
 
苦渋の決断
 
 
 
 
潔さ
 
それは湯を極めた証
 
 
かみのすけは
自らの決断を振り返った
 
 
 
「温泉は自然のもの。
いつも同じように入れるとは
限らないですよ」
 
 
 
そう言い残し
 
かみのすけは
取材陣の前から姿を消した
 
 
 
脱衣所
 
そこには
 
湯上がり牛乳を手にする
伝導師の姿があった
 
 
(挿入歌)
 
 
 
 
 
「体を芯から温めるために
困難に立ち向かう人
 
逆境をチャンスに
変える人
 
そのような人が
真の風呂フェッショナル
  だと思います」
 
 
本家プロフェッショナルは
今夜10時からNHKで
 
 

伝書屋と文通しませんか

デジタルからアナログへ! こんな時代だからこそ 手書きのやりとりしませんか。 ひとことメッセージを添えて、下記送信フォームより電子メールをください。 心を込めて返信いたします。 ただし、電子メールのやりとりはその1通で終わりです。 次の1通は手書きのお手紙を私宛に出してください。 (先の電子メールにて伝書屋の住所をお知らせいたします) お手紙のやりとりは無料です。

3 件のコメント

  • ヒント いらっしゃいませ ありがとうございます{CARR_EMO_410} かみのすけさんのブログ見て{CARR_EMO_397} 一人でケラケラ 笑ってます{CARR_EMO_104}

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です