赤いお肉の話

 
 
こんばんは
 
 
かみのすけです
 
 
昨日に引き続き
 
 
日本短角種という
 
牛さんのお話
 
 
 
 
 
日本人が好む牛肉は
 
脂肪交雑の優れた
 
黒毛和種の霜降り肉
 
 
と言われます
 
 
あまり気にしたことが
 
ないかもしれませんが
 
 
 
 
お肉用の牛
 
その黒毛和種などは
 
 
あまり運動をさせず
 
濃厚飼料で肥育するのが
 
一般的なのです
 
 
 
しかし
 
今回みてきた牛さんは
 
 
 
 
放牧されておりました
 
 
 
日本短角種は
 
 
寒さに強い上に
 
草をいっぱい食べるので
 
放牧に向いているのです
 
 
 
こちらのお肉は
 
 
赤肉といいまして
 
欧米の人に好まれます
 
 
向こうの人は
 
毎日お肉を食べるので
 
霜降りは
 
胃にモタれるんですね
 
 
 
昨日その赤肉を
 
皆でいただきましたが
 
 
 
 
やっぱりお肉らしい
 
しっかりとした味
 
 
 
 
 
今日はあいにくの雪でしたが
 
元気に放牧されておりました
 
命の恵みに感謝です
 
 
 
みなさんもぜひ
 
赤肉を食べてみてください
 
 

伝書屋と文通しませんか

デジタルからアナログへ! こんな時代だからこそ 手書きのやりとりしませんか。 ひとことメッセージを添えて、下記送信フォームより電子メールをください。 心を込めて返信いたします。 ただし、電子メールのやりとりはその1通で終わりです。 次の1通は手書きのお手紙を私宛に出してください。 (先の電子メールにて伝書屋の住所をお知らせいたします) お手紙のやりとりは無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です