早く帰る練習

こんばんは

かみのすけです

最近の生活

朝起きてシャワーを浴び

学校へ






深夜に帰宅

寝る

この繰り返し

前回も書きましたが

生活にゆとりがある

人間的な時間を

作りたい

そのために

なんとなく

だらだら学校にいる

この時間が勿体ないわけです

まず

家に早く帰る練習が必要です

そう考えました

家に帰るためには

「帰りたくなる仕掛け」が必要です

帰りたいと思えないから

帰らないのです

たとえば家に

かわいい奥さんと娘が待っていたら

いちもくさんに帰るでしょう?

作戦その1

ペットを飼ってみる

まず

家にペットがいて

餌の時間を決めておけば

決まった時間に帰るのでは?

と考えました

この作戦は

「嫁と娘」と同じ戦術で

愛が原動力です

そう

愛のちから

ところが

だめです

家にいる時間が短すぎて

ペットがかわいそうだし

これから寒い冬

金魚鉢ごと凍ります

却下。次。

作戦その2

テレビドラマを楽しみにする

これは名案でしょう?

前回の続きが気になって

帰らずにはいられないという

心理状態を巧みに利用した作戦

1話見逃すと

もう次回から

ついていけませんからね

これはうまい作戦!

…かと思われましたが

この作戦は

上司の強引な誘いを

断りきることができません

「ちょっとこのあと付き合えよ」

「ドラマがあるので無理です」

「ばか、来い!」

「すみませんでした」

却下。次。

作戦その3

ごはんの炊飯を予約する

完璧な作戦です。

帰りたい時間に

炊飯を予約するだけ

炊きたてのごはんは

すぐにまぜないと

えらいことになりますので

確実に帰宅します

ほかほかのごはんを

お腹いっぱい食べるために

仕事も頑張ります

これは

作戦2の欠点を

完全にカバーしています

同じ「予約」でも

ことの深刻さが違うからです

「ちょっとこのあと付き合えよ」

「ごはんが炊けるので無理です」

「そりゃ大変だ、急いで帰れ」

とまあ

こんな具合に

固くなってしまったごはんと

対面した時のあの失望は

誰しも経験済みだからです

共感できるのです

この作戦で私は

昨日19時に帰宅することに

成功いたしました

ごはん

炊きましょう

レッ炊飯予約

ここまで書いて

やっと気が付いたのですが

こんなふうに

だらだらと

ブログを書いている時間

めきめきと仕事をすれば

もっとはやく帰れるのでは!

お粗末さまでした

今日はごはんを

炊き忘れた

「かみのすけ」

伝書屋と文通しませんか

デジタルからアナログへ! こんな時代だからこそ 手書きのやりとりしませんか。 ひとことメッセージを添えて、下記送信フォームより電子メールをください。 心を込めて返信いたします。 ただし、電子メールのやりとりはその1通で終わりです。 次の1通は手書きのお手紙を私宛に出してください。 (先の電子メールにて伝書屋の住所をお知らせいたします) お手紙のやりとりは無料です。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です