山地酪農の牛を食べる会

 
 
こんばんは
 
かみのすけです
 
 
 
本日は
 
山地酪農研究会
 
専用のブログ記事
 
 
 
 
こちらで公開します
 
 
 
先月
 
 
一年生の歓迎会を
 
盛大に開催いたしました
 
 
 
題して
 
「山地酪農の牛を食べる会」
 
 
 
岩手県で山地酪農を営む
 
中洞牧場 中洞正さんから
 
直送のお肉を
 
皆でいただきました
 
 
 
 
 
前代未聞の
 
100枚ビラ配り作戦が成功し
 
 
 
 なんと!
 
 
参加者30人越え
 
 
 
異例の事態に
 
急きょ机を増設!
 
 
 
 
プロジェクターを使い
 
部長が熱く語り
 
 
 
ホットプレートを使い
 
肉を熱く焼きました
 
 
 
 
スクリーンに
 
大きく映された1頭の牛
 
 
 
 
今みんなが食べているのは
 
この牛です
 
 
 
 
1年生
 
 
ホットプレートに
 
伸ばした手を止め
 
真剣な眼差し
 
 
 
中には涙を流す子も
 
 
 
 
これが家畜という動物の運命
 
 
これが畜産を学ぶということ
 
 
これが生きるということ
 
 
 
 
帯広畜産大学に入学して
 
ここで何を学びますか?
 
 
 
今この感情を
 
今この肉の味を
 
いつまでも
 
忘れないでほしい
 
 
 
僕たち山地スタッフの想いは
 
1年生に届いたようです
 
 
 
 
大学生活なんて
 
長い人生から見れば一瞬です
 
 
でも
 
ひとつひとつの選択が
 
 
この先の人生を
 
大きく左右する時でもあります
 
 
出会いが出会いを広げ
 
次の出会いにつなげる
 
 
山地酪農研究会は
 
そんなサークルです
 
 
 
 
充実した学生生活を
 
帯広畜産大学で送れることを
 
スタッフ一同
 
応援しております
 
 
 
この会が
 
そのきっかけとなれば
 
僕らは最高に嬉しいです
 
 
 
最後に
 
 
 
今回参加してくれた皆さん
 
 
お肉を送ってくださった
 
中洞正さんはじめ牧場の皆さん
 
 
そして
 
 
 
すべての命に感謝を込めて
 
 
 
「ごちそうさまでした」