健康診断~終わりなき闘い~

 
こんばんは
 
かみのすけです
 
 
今日は健康診断がありました
 
 
かみのすけ
 
健康診断が大嫌いです
 
 
 
絵に描いたような
 
棒人間スタイルの私
 
 
それなりに嫌です
 
 
春の健康診断は
 
 
内から外から
 
数値化されて
 
コンプレックスを
 
洗い出されるという
 
酷なイベント
 
 
 
まずは「体重測定」
 
 
 
年に一度、この日しか
 
体重計に乗りません
 
 
吹けば飛ぶような
 
うすっぺらい体を
 
どこまで重々しくみせるか
 
 
常日頃から
 
考えているのです
 
 
まぁ大学の健康診断なんて
 
甘いもので
 
着衣が認められています
 
 
服を脱げとは言われません
 
ならば
 
こんな服を着て行きましょう
 
 
 
重量級です
 
100キロ超級です
 
男らしいでしょう
 
 
続きまして「胸囲」
 
 
私にとって胸囲測定なんて
 
木の年輪を数えるようなもので
 
 
1年やそこらで
 
成長するわけないでしょう
 
 
筋肉質の自慢大会みたいな
 
男どもの雄叫びを尻目に
 
 
ひっそりと測定を終えました
 
 
さて
 
次は「血圧」です
 
 
もしかして
 
峰不二子みたいな女医さんが
 
胸元をチラつかせながら
 
 
診て あ・げ・る
 
なんて言ったもんなら
 
 
とか妄想しただけで
 
ドキドキして
 
昨年より
 
20も高いという番狂わせ
 
 
メンタルの弱さが
 
浮き彫りになり惨敗
 
 
 
気を取り直して「尿検査」
 
 
もうね
 
全然おしっこしたくない
 
 
先ほど証明されたように
 
私メンタルに問題あるんです
 
 
 
隣にオッサン立っただけで
 
尿意はどこへやら
 
 
人一倍
 
デリケートな尿道してますので
 
 
「出せ」と言われて
 
出るもんじゃない
 
 
どうしてみんな
 
尿意のコントロールが
 
できるのか
 
不思議でしょうがありません
 
 
最後は「レントゲン」
 
これが1番自信ありません
 
 
幾度となく
 
切ったり貼ったり繰り返した
 
キズだらけの肺をさらけ出し
 
この一瞬に
 
100%の肺をつくり上げる
 
 
私にとっては
 
まさに死闘なわけです
 
 
パンパンに張れ~私の肺~
 
 
…結果は
 
 
今年もやりきりました
 

伝書屋と文通しませんか

デジタルからアナログへ! こんな時代だからこそ 手書きのやりとりしませんか。 ひとことメッセージを添えて、下記送信フォームより電子メールをください。 心を込めて返信いたします。 ただし、電子メールのやりとりはその1通で終わりです。 次の1通は手書きのお手紙を私宛に出してください。 (先の電子メールにて伝書屋の住所をお知らせいたします) お手紙のやりとりは無料です。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です