修行僧かみのすけ

 
こんばんは
 
 
かみのすけです
 
 
 
 
私 いま
 
 
帯広を離れておりまして
 
 
北見の山奥にある牧場で
 
牛さんと生活しています
 
 
修行です
 
 
 
特別な気持ちで
 
門を叩きました
 
 
 
この牧場は
 
 
これからの私の人生を左右する
 
とても重要な牧場になると
 
確信しております
 
 
 
労働のキツさから
 
3日で山をおりる者もあると
 
噂には聞いております
 
 
 
そのぶん
 
 
最後までやり遂げたら
 
大きく成長できるはずです
 
 
 
夏の行事
 
 
・マイペース酪農交流会
・三友先生の酪農適塾
・放牧酪農ネットワーク交流会
・全道共進会
・全国農業系学生会議JASC
 
すべてあきらめました
 
 
修行僧かみのすけ
 
 
こちらに集中します
 
 
 
さて
 
 
ここからは細かい話
 
させてください
 
 
 
 
この牧場
 
すごく「きっちり」してます
 
 
 
糞をバンクリに落とした後
 
糞のあった場所に石灰まきます
 
 
 
対頭つなぎ50頭です
 
 
古い牛舎そのままなので
 
牛床かなり短いです
 
 
敷料は麦かん
 
 
パーティションはありません
 
 
 
ミルカーは6台(デラバル)
 
 
自動離脱ではなく
 
 
社長離脱
 
 
 
社長が一頭一頭
 
乳頭一本一本
 
ていねいに
 
 
長年の経験でライナーを
 
はずしていきます
 
 
 
搾乳が分業制なのです
 
 
 
あ 乳頭洗浄はタオルですが
 
 
乳頭だけでなく
 
乳まるごと拭きます
 
かっさらいます
 
 
前搾り & プレはありません
 
 
 
しかーし
 
 
 
バケットは
 
2頭しかいません
 
 
 
びっくりしたのは
 
 
 
6台のユニットを
 
番号で振り分けて
 
使い分けています
 
 
 
それぞれパルセータの動きが
 
微妙に異るそうで
 
 
それぞれの牛に専用の
 
ユニットがあるのです
 
 
 
餌もびっくり
 
 
サイレージの上に
 
 
整腸剤の粉末と
 
腐食防止の粉末を
 
スプーンでふりかけます
 
 
調味料みたいです
 
 
 
 
あとは鉱塩の代わりに
 
醤油粕をあげます
 
 
どの牛も食い込みがよく
 
健康的に見えました
 
 
読者を限定する記事ですみません
 
 
とりあえず報告でした
 
 

伝書屋と文通しませんか

デジタルからアナログへ! こんな時代だからこそ 手書きのやりとりしませんか。 ひとことメッセージを添えて、下記送信フォームより電子メールをください。 心を込めて返信いたします。 ただし、電子メールのやりとりはその1通で終わりです。 次の1通は手書きのお手紙を私宛に出してください。 (先の電子メールにて伝書屋の住所をお知らせいたします) お手紙のやりとりは無料です。

1 個のコメント

  • 最高にCOOLなひと夏に感謝 ハイセンスな牛舎 頑張りすぎ? どんくらい? Don’t cry 泣かないで 学んで 喘いで 育てる意義は食べること? 罪は知らないこと
    知らずに偽善者 気づかず消費者
    将来にむけて勉強してる 次の世代に繋げる大切なこと 大事な仕事

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です