今宵えだ豆を語りたおす

 
どこからともなく吹く風はピューピューと今日も冷たく、丸い背中をより一層丸くします。風はどこから来るのでしょう。そして背中はどこまで曲がるのでしょう。
 
 
 
 
 
 
こんばんは
 
 
かみのすけです
 
 
 
今宵 私が
 
 
語りたおすのは
 
こちら
 
 
 
 
 
 
 
 
えだ豆
 
 
 
 
 
 
マメ科 ダイズ属
 
学名 Glycine max
 
 
未成熟な大豆を
 
収穫したものを
 
枝豆と呼ぶ
 
 
 
 
 
 
 
あぁ
 
この ふっくらとした
 
愛らしいフォルム
 
 
 
 
大地の恵み
 
生命の実りを
 
すっぽりと鞘に託し
 
 
 
豆界の大海原へと
 
旅立つのです
 
 
 
そこにあるのはまさに
 
「希望」の2文字
 
 
 
そして私は
 
声を「大」にして言いたい
 
 
何を隠そう
 
 
 
 
ビールとの相性たるや
 
 
圧倒されない者はないのです
 
 
 
 
この世の中の
 
 
「コンビ」と呼ばれる
 
ものの中では
 
 
ぶっちぎりで1位でしょう
 
 
 
 
太刀打ちできるとしたら
 
 
あの「名コンビ」と呼ばれた
 
 
 
PL学園出身
 
KKコンビ
 
きよはら
くわた
 
 
 
彼らくらいでしょう
 
 
 
 
さて
 
ここで突然ですが
 
 
シルエットクイズ
 
 
この影はなんでしょう
 
 
 
 
 
え? ナス?
 
 
ちょんまげ?
 
 
 
んなわけない
 
 
正解は
 
2つタイプの枝豆でした
 
 
 
 
もう頭の中は
 
 
枝豆カーニバルなわけです
 
 
そうそう
 
 
東急ハンズで売っている
 
これ
 
 
 
 
知ってます?
 
 
無限に枝豆を
 
ツルンとできるんですって
 
 
 
欲しいです
 
すごく
 
 
 
そろそろ寝ます
 
 
 
枝豆のプールで泳ぐ
 
夢を見られますように…
 
 
おやすみなさい
 
 
 
 
 

伝書屋と文通しませんか

デジタルからアナログへ! こんな時代だからこそ 手書きのやりとりしませんか。 ひとことメッセージを添えて、下記送信フォームより電子メールをください。 心を込めて返信いたします。 ただし、電子メールのやりとりはその1通で終わりです。 次の1通は手書きのお手紙を私宛に出してください。 (先の電子メールにて伝書屋の住所をお知らせいたします) お手紙のやりとりは無料です。

4 件のコメント

  • エダマメの根の根粒菌は空気中の窒素を吸着してできたアンモニアから合成したアミノ酸を供給します。
    根粒菌とエダマメこそ最高のコンビや!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です