不合格という宝物

 
 
こんばんは
 
 
かみのすけです
 
 
 
国立大学入学試験
 
前期日程の合格発表が
 
あったようです
 
 
 
朝から
 
不合格のブログを拝読し
 
 
なんとも言い表せない
 
気持ちになりました
 
 
 
 
 
試験終了から
 
合格発表まで
 
 
 
長かったと思います
 
 
 
 
 
不合格だった人は
 
念願の学校で
 
学ぶことはできません
 
 
 
 
しかし
 
 
 
 
合格した人は
 
 
合格しなかった世界を
 
経験することができません
 
 
 
どちらが
 
良いとか悪いとか
 
 
 
そんなことを決めるのは
 
社会の目です
 
 
 
 
上か下かを決めるのではなく
 
右か左かを分けるだけです
 
 
 
右の道に進めば
 
左の道はわからない
 
 
 
左の道に進めば
 
右の道はわからない
 
 
ただそれだけです
 
 
 
右の道では
 
目もくらむような
 
美女に出会うかもしれません
 
 
 
 
 
左の道に進めば
 
お菓子の家を
 
見つけるかもしれません
 
 
 
 
どちらも素敵でしょう
 
 
 
出会いの数は
 
変わらないのです
 
 
 
大切なのは
 
その縁をどう活かすか
 
 
 
 
かみのすけは
 
受験に失敗し
 
 
 
不本意だと進んだ道に
 
 
かけがえのない
 
経験がありました
 
 
それが
 
今につながっているのです
 
 
 
あの時受けとった
 
 
 
 
これは
 
合格通知と同じくらいの
 
宝物です
 
 
 
合格した人が悔しがるような
 
たくさんの素晴らしい出会いを
 
経験してください
 
 
 
そう思うと
 
わくわくしてきませんか
 
 
「不合格♪」
 
いい言葉に聞こえてきませんか
 
 
 
最後に
 
この言葉を贈ります
 
 
 
合格した人も
 
不合格だった人も
 
 
皆さん
&n
bsp;
  おめでとうございます!
 
 
 
不合格だらけの人生に
 
感謝している「かみのすけ」
 
 


不合格通知を受け取ったばかりの人は、そんなこと思う余裕ないかもしれません。だけどいつか「不合格」でよかったと思える日が必ず来ます。来なきゃだめです。開き直るのではなく居直るのでもなく、受け入れるのです。この「不合格」を活かすも殺すも考え方ひとつ。

伝書屋と文通しませんか

デジタルからアナログへ! こんな時代だからこそ 手書きのやりとりしませんか。 ひとことメッセージを添えて、下記送信フォームより電子メールをください。 心を込めて返信いたします。 ただし、電子メールのやりとりはその1通で終わりです。 次の1通は手書きのお手紙を私宛に出してください。 (先の電子メールにて伝書屋の住所をお知らせいたします) お手紙のやりとりは無料です。

4 件のコメント

  • 四十数年前に経験した不合格。その時は同じような気持ちになったよなぁ。でも今の自分があるのも、かみのすけさんと同じ。右に行っても左に行っても、その先がどうなるのか、縁を活かす身の振り方次第だよね。

  • 自分は二浪した時が人生のドン底だと思ってました。でも今考えたら、道にあるちょっとした”くぼみ”程度でした(笑)
    自分の人生のモットーは、「あしたをよく生きるために今日をどう生きるか」です。
    このブログでその素材を見つけることができるので、また来ますね。

  • >わじんさん
    いつもありがとうございます。「あしたをよく生きるために今日をどう生きるか」←素敵ですね。私は明日のことをあまり考えたことがありません。明日は明日の風が吹くくらいにしか思えないのです。だめですね。でもどんな風が吹いても味わえるような準備は常に万端です♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です