ピーマン道その1(ノート作り編)

 
 
こんばんは
 
 
かみのすけです
 
 
 
 
昨日の記事で
 
「私はピーマンだ」と
 
そして
 
ピーマンは空洞だと
 
表現しましたが
 
 
ピーマンの空洞には
 
タネがあります
 
 
 
タネが育てば
 
実になるのです
 
 
 
さて
 
 
最近かみのすけは
 
 
講義中に
 
必死になってノートを
 
とっている人を見て
 
 
思うことがあるのです
 
 
 
そのノートを
 
どのくらい見直すのか
 
ということ
 
 
自慢じゃありませんが
 
私は
 
講義中にとったノートを
 
見直すのは
 
試験の前日たった1日です
 
そして
 
書いているときは
 
話を聞いていません
 
 
紙も時間も
 
もったいないのです
 
 
 
自分に必要だと思う情報
 
これだけ書けば十分でしょう
 
 
 
というわけで
 
オリジナルノートを
 
考えました
 
 
名付けて
 
「携帯ホワイトボード」
 
 
 
 
材料はこれだけ
 
 
 
A4の白い紙5枚
 
クリアファイル5枚
 
書類を挟むファイル3枚
 
留め具1本
 
極細マーカー
 
 
 
こすれてもいいように
 
一枚一枚にカバーが
 
かかる仕組みです
 
 
 
ホワイトボードですから
 
 
とりあえず
 
何でもここに書きます
 
 
あとで読み返すもの
 
自分にとって必要だと
 
判断したものだけを
 
 
 
永久保存版ノートに
 
書き写すのです
 
 
 
永久保存版ノートに
 
おすすめなのは
 
 
ロディアの
 
リバースブック
 
 
長年いろんなノートを
 
使ってきましたが
 
 
結論はこのノート
 
 
 
ポイントは正方形
 
しかも方眼線なので
 
どの方向からでも書けます
 
 
一辺がちょうど
 
A4の短辺と同サイズなので
 
紙を貼ってもよし
 
 
 
 
かみのすけはこれに
 
 
講義で必要だと思ったこと
 
読書の感想
 
ブログの構想
 
気になった新聞記事
 
料理のレシピ
 
 
なんでもここに
 
書いてあります
 
 
 
大切なのは
 
読み返す前提で書く
 
ということ
 
 
紙と時間は
 
有効に使いましょう
 
 
 

伝書屋と文通しませんか

デジタルからアナログへ! こんな時代だからこそ 手書きのやりとりしませんか。 ひとことメッセージを添えて、下記送信フォームより電子メールをください。 心を込めて返信いたします。 ただし、電子メールのやりとりはその1通で終わりです。 次の1通は手書きのお手紙を私宛に出してください。 (先の電子メールにて伝書屋の住所をお知らせいたします) お手紙のやりとりは無料です。

6 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です