ヒトが決めること

 
 
 
こんにちは
 
 
かみのすけです
 
 
 
日頃ボーッとしていると
 
 
不思議だなぁーと
 
思うことがあります
 
 
 
 
 
札幌でのクマ騒動は
 
記憶にも新しいところ
 
 
都会でのクマ出没に大騒ぎ
 
 
 
でも
 
おかしいですね
 
 
 
クマといいますと
 
よく可愛いキャラクターに
 
仕立てあげられ
 
 
 
 
 
 
歓迎されるかと思いきや
 
 
 
それクマが出た
 
撃てぇーー!!
 
 
 
 
 
 
どーーーん!!!
 
 
 
 
一説によると
 
 
子グマはかわいそうだ
 
撃つな
 
 
親グマは危険だ
 
ぶっ殺せ
 
 
 
という声も…
 
 
論点はどこなんでしょう
 
 
子はいつか親になります
 
 
 
 
 
おもしろい話があります
 
 
 
タンチョウ と ハクチョウ
 
 
 
 
タンチョウの餌が売っている
 
その傍ら
 
 
 
 
おかしい!
 
 
 
タンチョウは数が少なく
 
ハクチョウは数が多い
 
 
だそうです
 
 
 
そうか
 
数の問題なのかぁー と。
 
 
 
それでは
 
増えすぎて問題になっている
 
 
 
 
 
エゾシカ
 
 
 
撃てや殺せやの区域と
 
保護区域があるそうで
 
 
 
多けりゃ撃てばいいんなら
 
 
ヒト
 
いまや70億を超えました
 
 
撃ちましょう
 
減らしましょう
 
 
 
とは ならない
 
 
 
そんなことしたら
 
 
 
 
なぜでしょう
 
 
なぜなんでしょう
 
 
不思議だなぁーと
 
 
 
 
動物は知りませんよ
 
 
自分が
 
保護される存在か
 
撃たれる存在か
 
 
 
いいとか悪いとか
 
言いたいのではなく
 
 
 
みんな同じように
 
生きているのに
 
 
不思議だなぁーと。
 
 
 
みなさんも
 
ふとした瞬間に
 
思い出してみてください
 
 
その命…ヒトが決めること
 
 
 
 
 
 
 
 

伝書屋と文通しませんか

デジタルからアナログへ! こんな時代だからこそ 手書きのやりとりしませんか。 ひとことメッセージを添えて、下記送信フォームより電子メールをください。 心を込めて返信いたします。 ただし、電子メールのやりとりはその1通で終わりです。 次の1通は手書きのお手紙を私宛に出してください。 (先の電子メールにて伝書屋の住所をお知らせいたします) お手紙のやりとりは無料です。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です