かみのすけの書斎

 
 
こんにちは
 
 
 
かみのすけです
 
 
 
 
 
 
以前ご紹介しました
 
 
 
私のエレクトリカルベッド
 
(電動式)
 
 
 
 
 
活用しております
 
 
 
このように
 
 
 
 
 
足を延ばして
 
 
 
大好きな
 
「水曜どうでしょう」を
 
鑑賞することができます
 
 
 
 
 
なんでしょうか
 
 
こう
 
 
入院時代を思い出すわけです
 
 
 
初心忘れるべからず
 
 
 
 
 
さて
 
 
男なら誰しも憧れること
 
 
それは
 
 
 
自分の書斎を持つこと
 
 
 
書斎で万年筆を走らせながら
 
 
珈琲をすする
 
 
 
しぶいですねぇ
 
 
 
 
かみのすけも
 
 
かねてから憧れておりました
 
 
 
そこで
 
 
 
なんとかこの狭い部屋にも
 
 
 
書斎を捻出できぬものかと
 
 
知恵をしぼりまして
 
 
 
ついに
 
 
完成に至ったわけです
 
 
 
ご覧ください
 
 
 
 
書斎スイッチ
 
おーーーーん
 
 
 
ひらけごま
 
 
 
 
ががががが
 
(電動ベッド倒れる)
 
 
 
 
 
枕の上に
 
 
なにやら空間が出現しました
 
 
 
 
 
 
書斎
 
 
 
どうです
 
 
立派なもんでしょう
 
 
 
 
 
 
 
頭が天井に
 
つっかえるんです
 
 
 
常に前のめりで
 
執筆活動に勤しめます
 
 
 
 
さらに
 
 
 
 
緊急時
 
脱出が確実に遅れるという
 
特徴もあります
 
 
 
トイレは
 
極限まで我慢しないことです
 
 
 
そして
 
 
 
想像以上に
 
ほこりっぽいという喪失感も
 
売りのひとつです
&nbs
p;
 
 
 
珈琲なんて
 
すすれたもんじゃありません
 
 
病気になります
 
 
 
 
孤独感と閉塞感で
 
 
気が狂いそうです
 
 
 
もう書斎なんて
 
 
うんざりです
 
 

伝書屋と文通しませんか

デジタルからアナログへ! こんな時代だからこそ 手書きのやりとりしませんか。 ひとことメッセージを添えて、下記送信フォームより電子メールをください。 心を込めて返信いたします。 ただし、電子メールのやりとりはその1通で終わりです。 次の1通は手書きのお手紙を私宛に出してください。 (先の電子メールにて伝書屋の住所をお知らせいたします) お手紙のやりとりは無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です