お肉のはなし

 
 
先日 学校の授業で
 
と場 の見学に行きました
 
 
 
と場 とは
 
家畜がお肉になるところです
 
 
 
 
10回 言ってみてください
 
 
とじょう
とじょう
とじょう
とじょう
とじょう
とじょう
とじょう
とじょう
とじょう
とじょう
 
 
では これは?
 
 
どじょう
 
 
 
 
 
 
ぶぶぅーっ!
 
 
 
ナマズ でした
 
 
 
はい
 
 
失礼しました
 
 
 
 
畜産大学の授業ということで
 
一般の人は入れないような
 
ところまで
 
見学することができました
 
 
 
 
日頃お肉を食べている
 
皆さんに
 
知ってほしいです
 
 
 
 
 
家畜はすぐに殺すのではなく
 
 
 
電気ショックで気絶させて
 
 
放血 つまり…
 
 
心臓のポンプの働きで
 
 
まず 全身の血を抜きます
 
 
だから
 
 
殺さずに
 
 
首を切ります
 
 
 
 
血が無くなると
 
どうなりますか
 
 
 
死にます
 
目を見開いたまま
 
ウシは死にます
 
 
 
 
そんな光景を
 
目の当たりにして
 
 
 
人間であることが
 
申し訳なくなりました
 
 
 
大好きなウシの
 
変わり果てた姿を
 
 
忘れることはできません
 
 
忘れてはいけません
 
 
 
 
私たち人間は
 
 
動物の命をいただいて
 
 
こうして生きているのです
 
 
 
 
 
食卓に並んだ
 
お肉を見て
 
 
 
生きた動物の姿を
 
思い浮かべる人は
 
どれだけいるでしょうか
 
 
 
 
 
10回 言ってください
 
 
ウシ
ウシ
ウシ
ウシ
ウシ
ウシ
ウシ
ウシ
ウシ
ウシ
 
 
じゃあ これは?
 
 
 
 
 
これも ウシです
 
 
 
 
ウシ なんです
 
 
 
 
 
より多くの人が
 
お肉を食べる前に
 
ちょっとでも考えてくれたら
 
 
嬉しいです
 
 
 
おいしく食べて
 
命に感謝してください
 
 
 
 
ごちそうさまでした
 

伝書屋と文通しませんか

デジタルからアナログへ! こんな時代だからこそ 手書きのやりとりしませんか。 ひとことメッセージを添えて、下記送信フォームより電子メールをください。 心を込めて返信いたします。 ただし、電子メールのやりとりはその1通で終わりです。 次の1通は手書きのお手紙を私宛に出してください。 (先の電子メールにて伝書屋の住所をお知らせいたします) お手紙のやりとりは無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です