あの人に会ってきました

 
 
こんばんは
 
かみのすけです
 
 
 
北海道にきて驚いたこと
 
それは
 
 
 
頼んでもないのに
 
ポストに雑誌が入っていること
 
 
 
 
 
上の写真は
 
 
帯広の人なら
 
誰もが知っている雑誌
 
 
「月刊しゅん」
 
フリーペーパーです
 
 
 
十勝の魅力がたっぷりの
 
タウン情報誌です
 
 
 
お店や催し物の情報
 
お得なクーポンや
 
農産物の通信販売
 
などなど
 
 
 
旬な情報が
 
ぎゅぎゅーっと
 
これでもかーってほど
 
詰まっております
 
 
 
今にも
 
はちきれそうな雑誌が
 
毎月ポストに届くのです
 
 
 
 
今日は
 
 
その人気雑誌の編集長
 
 
萬年とみ子さんの
 
講演会に行ってきました
 
 
 
 
 
テーマは
 
「編集者という仕事」
 
 
 
 
本質に光を当て
 
魅力を伝える
 
編集者的視点とは
 
 
 
自分という
 
フィルターを通して
 
相手の時間を
 
自分のものにする
 
 
 
見たものをそのまま
 
ひとつの世界にしていく
 
 
編集者ほど楽しい仕事はないと
 
 
強い誇りを
 
持っておられました
 
 
 
 
萬年さんのお話から
 
情熱を感じました
 
 
しかし
 
 
技術がないと
 
情熱を伝えきれない
 
 
 
情熱を伝えるための技術を
 
向上させるための情熱を!
 
 
 
どちらがなくても
 
成り立ちません
 
 
 
 
こうしてブログを書いていて
 
日々思うのですが
 
 
 
「あぁ素晴らしいな」と
 
思ったことを
 
人に伝えることができる
 
それって
 
とっても楽しいし
 
わくわくするんですよね
 
 
少し押し付けがましい
 
こともあるけどもね
 
 
 
編集者のような
 
「伝える」お仕事
 
できたらいいな
 
 
 
なーんて思って
 
 
講演の90分間
 
右手のペンが止まらなかった
 
 
かみのすけでした
 
 
 
今日の体験を
 
伝えきれない
 
「かみのすけ」
 
 
 

伝書屋と文通しませんか

デジタルからアナログへ! こんな時代だからこそ 手書きのやりとりしませんか。 ひとことメッセージを添えて、下記送信フォームより電子メールをください。 心を込めて返信いたします。 ただし、電子メールのやりとりはその1通で終わりです。 次の1通は手書きのお手紙を私宛に出してください。 (先の電子メールにて伝書屋の住所をお知らせいたします) お手紙のやりとりは無料です。

4 件のコメント

  • 我が家にも1冊だけ「月刊しゅん」あります 息子が写ってるんです 家宝になりました(笑)首都圏の物とは違う豪華な(?)フリーペーパーですよね!ソーゴー印刷サンから頂いたスロウもみました。十勝情報満載な綺麗な雑誌でした。講演会、私も聴いてみたかったです

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です